CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
COUNTER
RANKING
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると
とっても励みになります♪

つなビィ
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
シュシュ作りましょ♪
シュシュ作りましょ♪ (JUGEMレビュー »)

ガーリーでお洒落で個性的なシュシュが簡単に作れるレシピ本です♪ 私も6点の変わり種シュシュを作って掲載していただきました。とっても綺麗な写真とデザインで構成されてます。
RECOMMEND
私を忘れないで
私を忘れないで (JUGEMレビュー »)
藤原 智美, 森 祐子
森祐子がイラストを担当した絵本です。芥川賞作家の藤原智美さんの初めての絵本。主人公の「家」が一組の家族を見つめて語ります。淋しくて、でも美しい絵本です。
RECOMMEND
暖炉の火のそばで―ターシャ・テューダー手作りの世界
暖炉の火のそばで―ターシャ・テューダー手作りの世界 (JUGEMレビュー »)
トーバ マーティン, Tovah Martin, Richard W. Brown, 食野 雅子, リチャード・W. ブラウン
絵本画家のターシャ・チューダーの生活が記されています。花を育て、家畜を飼い、あらゆるものを手作りして。なんとも贅沢な生活です。ターシャの絵やド−ルハウスなども紹介されています。本当のスローライフ。
RECOMMEND
手作り雑貨ができました。―売ってみることのススメ
手作り雑貨ができました。―売ってみることのススメ (JUGEMレビュー »)
HANIKAMI
手作り雑貨のアーティストさんのインタビューが中心。収入、経費、委託ショップや自分のサイトでの収入の割合など、知りたくても聞けないことなどを丁寧に取材してくれています。
RECOMMEND
カナリヤ手帖―ちいさな雑貨屋さんのつくり方
カナリヤ手帖―ちいさな雑貨屋さんのつくり方 (JUGEMレビュー »)
トノイケ ミキ
大阪の雑貨店のオーナーさんの手記。イラストがいっぱいです。ハウツー本としても十分使えます。作家さんへのアドバイスも嬉しい。
MOBILE
qrcode
<< お花見サイクリング♪ | main | 小沢健二さんのコンサートに行って来ました(2) >>
小沢健二さんのコンサートに行って来ました(1)
 
昨日は小沢健二くんのコンサート『東京が奏でる』に行って来ました。

…コンサートって書きましたが、会場がクラシック音楽のホール(初台のオペラシティ)なんでコンサートなのかな、と思うけど、やっぱり自分の中ではライブだな。




小沢健二くんは90年代に大好きだったのですが、生で聴くのは今回が初めて。90年代には私は洋楽を中心に聴いていて、中でもaztec cameraが大好きで。CDも出てるのはみんな買ってたし、ライブも会社が忙しかったので来日公演毎に1回ずつでしたが、行ける限りはみんな行ってまし た。「小沢健二」という名前は、aztec cameraが載っていた音楽誌だったかブックレットで書かれていて知ったのです。それで興味を持ってテレビで小沢くんを見て、それで相当はまってしまい ました。テレビで出ていたら録画したり、雑誌を気がついたら買う程度のライトなファンでしたけど。90年代にやっていたライブも、チケット発売の情報は キャッチしていたのですが、すごい人気だったので取るのが大変だろうなと、チケットをゲットしようともしませんでした。
正直に言うと、当時は海外のミュージシャンのライブに頻繁に行っていたので、小沢くんの歌は期待出来ないな、苦労してチケットを取っても、がっかりするかもしれない…と思ったのですね。

それからひふみよツアーの2010年、この時も最初に小沢くんのツアーの情報を知った直後は行く気満々だったのですが、チケット発売直前に他のことでお金を 使ってしまったので、まあ今回はいいか、となってしまったのです。追加公演が私の地元だったので、一瞬心が動きましたが、mixiなどで見る限り相当チケットは取るのが大変そうで。ま、いっかと。その時は「ああ、昔好きだったなぁ、懐かしいな」ぐらいだったのですよね…。



それが昨年の震災後、唯一自分を元気づけてくれたのが日本語の歌で。あれこれ邦楽を聴くようになりました。そして9月初旬にtwitterでのフォロワーさんとの会話がきっかけで、もう一度小沢くんを聴いてみたくなって、10年ぶりぐらいに彼のCDを聴いたら。かなりショックでした…!!

「小沢健二ってこんなに良かったのか…!!」って。昔聴いた時と全然違って聴こえる。歌詞も曲も。

Youtubeで彼の過去の映像も見まくりました。あまりの可愛らしさにびっくり!!ひゃ〜、こんなに可愛かったのか!!自分が見た映像もあったけど、全然知らない映像が次から次へと。
CDも当時「Eclectic」までは買っていたのだけど(それほど聴かず買ったことも忘れてました…)、その後の「刹那」とか「毎日の環境学」とかは発売してたことにも気づかず。その前の「球体の奏でる音楽」の後の連続して出してたシングルCDも、いつかアルバムになるだろうと思って買っていなかったし。 ちゃんと聴いてなかった曲がいっぱいあったのもあり、再度はまってからは毎日、ひたすら小沢くんばっかり聴いていました。



そんな風にはまっていた9月下旬。2回目のボランティアで、遠野に行く夜行バスの中でiPodで彼の歌を聴いていて。歌詞にあった「左へカーブを曲がると  光る海が見えて来る 僕は思う この瞬間は続くよ いつまでも」の部分で、涙腺が決壊しました…。20代の頃、夫としょっちゅうドライブしていました。横浜とか都心とかで、こんな光景をいつだって見ていたのです。そんな瞬間を当時は当たり前のように思っていたのに。それが今は。日本はこんな風になってしまって。

私と小沢くんはほぼ同年です。同じ時代を生きた彼の歌詞の光景、時代の空気は、私の記憶ともリンクするんです。そして、明るくて幸福に溢れたメロディや歌詞の中に、幸せな一瞬が消えてしまう予感のする切なさも確かにあって。この時に深夜バスの暗闇の中でひとり涙腺決壊させながら 「ああ、生でこの人の歌を聴きたい!!!今の彼の言葉を聞きたい!!!」と強く思ったのです。



その二ヶ月後にコンサートの情報ですもんね、本当に本当に驚いたし嬉しかったし、絶対に行きたい!!!と切実に思いました。
チケットの抽選は、私は落選してしまいましたが、一緒に行こうと約束をしたお友達の女子大生のちなさんが見事にゲット!!!あああ、良かった〜〜〜!!!そしてちなさんに送られて来た席がなんと!!!1階6列目の端っこ!!!す、すご過ぎです…!!!

ライブが3月21日に始まってからは、毎日そわそわ。小沢くんのサイトも「東京が奏でる」仕様になってツイッターの検索窓が登場していて、「小沢健二」「オ ザケン」「#ozkn」を含むツイートが表示されるのです。これを仕事で疲れたらチェックするのが日課になりました。自分のツイートも出て来るのですが、 結構恥ずかしいので、敢えてフルネームとオザケンは避けてツイートしたり。
ツイッターの感想は楽しいですね♪ 断片的にその人の感じたライブの感想を読んでいると、想像がどんどん膨らみます。ただ、ブログで詳しく書いている人のリンクは、自分が聴いた後に読もうとお気に入りに保存。今年の3月は小沢くんのおかげで、本当にワクワクでした。



…あかん。。またしても長くなり過ぎてしまってます。。。明日に続きます



--------------------------------------------------------------



*PUKU*オンラインショップはこちらです。
4月6日がまぐちポーチを追加しました!


--------------------------------------------------------------
※森が発起人となり、現在進行中の東日本大震災の
被災者生活支援プロジェクトの「まごころ*花」です。
ブログで最新情報をお知らせしています


まごころ*花
--------------------------------------------------------------

 
| ライブ | 23:41 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする