CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
COUNTER
RANKING
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると
とっても励みになります♪

つなビィ
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
シュシュ作りましょ♪
シュシュ作りましょ♪ (JUGEMレビュー »)

ガーリーでお洒落で個性的なシュシュが簡単に作れるレシピ本です♪ 私も6点の変わり種シュシュを作って掲載していただきました。とっても綺麗な写真とデザインで構成されてます。
RECOMMEND
私を忘れないで
私を忘れないで (JUGEMレビュー »)
藤原 智美, 森 祐子
森祐子がイラストを担当した絵本です。芥川賞作家の藤原智美さんの初めての絵本。主人公の「家」が一組の家族を見つめて語ります。淋しくて、でも美しい絵本です。
RECOMMEND
暖炉の火のそばで―ターシャ・テューダー手作りの世界
暖炉の火のそばで―ターシャ・テューダー手作りの世界 (JUGEMレビュー »)
トーバ マーティン, Tovah Martin, Richard W. Brown, 食野 雅子, リチャード・W. ブラウン
絵本画家のターシャ・チューダーの生活が記されています。花を育て、家畜を飼い、あらゆるものを手作りして。なんとも贅沢な生活です。ターシャの絵やド−ルハウスなども紹介されています。本当のスローライフ。
RECOMMEND
手作り雑貨ができました。―売ってみることのススメ
手作り雑貨ができました。―売ってみることのススメ (JUGEMレビュー »)
HANIKAMI
手作り雑貨のアーティストさんのインタビューが中心。収入、経費、委託ショップや自分のサイトでの収入の割合など、知りたくても聞けないことなどを丁寧に取材してくれています。
RECOMMEND
カナリヤ手帖―ちいさな雑貨屋さんのつくり方
カナリヤ手帖―ちいさな雑貨屋さんのつくり方 (JUGEMレビュー »)
トノイケ ミキ
大阪の雑貨店のオーナーさんの手記。イラストがいっぱいです。ハウツー本としても十分使えます。作家さんへのアドバイスも嬉しい。
MOBILE
qrcode
<< *PUKU*のオンラインショップ | main | 切羽詰まってます。。。 >>
ラッキーちゃんのこと
----------------------------------------------------------

東京・大森のギャラリー「ファーストライト」さんでの『作家 zakka 大百貨店』に参加します。

2012年3月10日(土)〜20日(火)
11:00-18:30(木曜日定休、最終日16:00)まで

Gallery FIRSTLIGHT

143-0016
東京都大田区大森北1-14-4
TEL&FAX 03-5753-7331

詳しくはこちらをご覧下さい。(PC、スマホ用です)

----------------------------------------------------------



先日の記事で書いていましたが、作っていた猫のぬいぐるみのラッキーちゃん。



このラッキーちゃんは、お友達の銅版画家の林陽子さんのご実家で愛されて一緒に暮らしていた猫でした。昨年9月に10歳で天国に旅立ってしまったコなんです。





元気な頃のラッキーちゃん…。とっても優しくてお利口なお顔ですね。

おかあさまはラッキーちゃんがいなくなってしまったペットロスも癒えない時にご病気になられてしまったそうです。それで辛い闘病生活の中で「ラッキーに似た猫のぬいぐるみが欲しい」とおっしゃられて。それで林さんたちご家族でぬいぐるみを探したそうですが、なかなか見つからなかったそうです。

それで私のことを思い出してくれて、ご注文をしてくれたのです。

これはとっても嬉しいですね。おかあさまが可愛がっていたにゃんこ。私も初代猫のプリンがいなくなってしまってから、どれほど以前に作っていたプリンのぬいぐるみに慰めてもらったか。おかあさまのお気持ちが解るだけに、きちんと「ラッキーちゃん」になるのか心配でしたが…。

それで先週林さんにお渡しして、林さんが手術を控えているおかあさまに持って行ってくれたのですが!!!  

おかあさま、とっても喜んで下さったそうです!!!今までペットロスとご病気でなかなか元気が出なかったそうですが、久しぶりに笑顔を見せてくれたそうです!!!

林さんがご自分のブログのこの記事に書いてくれました。

この写真は、おかあさまの病室のラッキーちゃんぬいぐるみ。



ちなみに右となりの猫のフィギュアは、夫が猫好きだからって以前会社の人から貰ったものなんですが、このコがラッキーちゃんとほとんど一緒の柄。おまけに貰っていただきましたが、このフィギュアのラッキーちゃんも大切にしていただいているそうです。おかあさま曰く「ぬいぐるみはうちに来た頃のラッキーで、フィギュアは大人になってからのラッキー」だそうです

今回、本当に本当に嬉しかったです。ハンドメイドをやっていて良かった!と思いました。そうなんです、私が体調が悪かった頃に作家さんのハンドメイドに慰められて。大切に作られた手作りって、本当に温かいものなんだって、だから私は作ってるんだなぁ、と改めて思いました。


こちらはうちのプリンぬいぐるみとのツーショット。



ラッキーちゃんの方が目が大きくて可愛い!プリンぬいぐるみは目のカスタマイズをしなくては…!!

おしりです〜!



解りますか?ラッキーちゃんは黒いしっぽ、プリンはボブテール。

作り途中のラッキーちゃんは、私の仕事机の横の棚でプリンと座っていました。



今はプリンぬいぐるみ一匹なんで、ちょっと淋しそうですね。



早くカノンぬいぐるみを作ってあげなくては…!!

--------------------------------------------------------------
※森が発起人となり、現在進行中の東日本大震災の
被災者生活支援プロジェクトの「まごころ*花」です。
ブログで最新情報をお知らせしています


まごころ*花
--------------------------------------------------------------

| 作品・ぬいぐるみ | 22:31 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする