CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
COUNTER
RANKING
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると
とっても励みになります♪

つなビィ
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
シュシュ作りましょ♪
シュシュ作りましょ♪ (JUGEMレビュー »)

ガーリーでお洒落で個性的なシュシュが簡単に作れるレシピ本です♪ 私も6点の変わり種シュシュを作って掲載していただきました。とっても綺麗な写真とデザインで構成されてます。
RECOMMEND
私を忘れないで
私を忘れないで (JUGEMレビュー »)
藤原 智美, 森 祐子
森祐子がイラストを担当した絵本です。芥川賞作家の藤原智美さんの初めての絵本。主人公の「家」が一組の家族を見つめて語ります。淋しくて、でも美しい絵本です。
RECOMMEND
暖炉の火のそばで―ターシャ・テューダー手作りの世界
暖炉の火のそばで―ターシャ・テューダー手作りの世界 (JUGEMレビュー »)
トーバ マーティン, Tovah Martin, Richard W. Brown, 食野 雅子, リチャード・W. ブラウン
絵本画家のターシャ・チューダーの生活が記されています。花を育て、家畜を飼い、あらゆるものを手作りして。なんとも贅沢な生活です。ターシャの絵やド−ルハウスなども紹介されています。本当のスローライフ。
RECOMMEND
手作り雑貨ができました。―売ってみることのススメ
手作り雑貨ができました。―売ってみることのススメ (JUGEMレビュー »)
HANIKAMI
手作り雑貨のアーティストさんのインタビューが中心。収入、経費、委託ショップや自分のサイトでの収入の割合など、知りたくても聞けないことなどを丁寧に取材してくれています。
RECOMMEND
カナリヤ手帖―ちいさな雑貨屋さんのつくり方
カナリヤ手帖―ちいさな雑貨屋さんのつくり方 (JUGEMレビュー »)
トノイケ ミキ
大阪の雑貨店のオーナーさんの手記。イラストがいっぱいです。ハウツー本としても十分使えます。作家さんへのアドバイスも嬉しい。
MOBILE
qrcode
<< ミシンでハイテンション!! | main | 向ケ丘遊園のSunny Daysさん >>
印刷のいろは展に行って来ました!
 
東急多摩川線・鵜の木(下丸子からでも行けます)の印刷会社の金羊社で『印刷のいろは展』というイベントが開催されていて行って来ました!


昨日ツイッターでマユタンがイベントの感想をつぶやいてくれて、とっても面白そうで。今日ちょうど登戸で打ち合わせがあったのでその帰りに行って来ました。



金羊社入り口。地元の人が多いのか、自転車がいっぱい。

まず入り口でちらしなどをいただきました(写真真ん中の黒い紙)。



ちらしの紙質がすごく良い。さすが印刷会社のイベント。左のは4Fでいただいたブックカバー、右の白いのは束見本ということです。パンフレット紙とCDのブックレット紙。あれこれ「ご自由にどうぞ」となっています。太っ腹!

それから1Fではイラストレーターさんやデザイナーさんが金羊社の印刷技術を使って制作した製品の物販がありました。これがどれもこれもセンス良くて!

私は夫へのプレゼントに、Prelibri(プレリブレ)さんのブックカバー等を購入。




解りますか?このブックカバーは革のような質感の紙?樹脂?にエンボスとか銀箔で印刷されているんです。



こちらは同デザインのエンボスシール。

出かけた時はいつも夫に何か買いたいと思うのですが、男性向けのプレゼントってなかなかないですよね…。こちらのPrelibriさんのデザインはものすごくうちの夫が好きそうでしたので即買い!(やっぱりあげたらとっても喜んでました


 
自分用には赤崎チカさんのガムテープ。ぶたさんです

それからマユタンお薦めの、4Fの体験コーナーに行きました。エンボス加工、活版印刷などを500円で体験出来るワークショップのコーナーです。人がすごくいっぱい!

入り口で500円を払って、刷ってもらえる紙をあれこれいただいて印刷技術の体験です。

まずはエンボス加工。





樹脂のシートに紙を挟んで、昔の洗濯機の脱水みたいな機械に入れててで回すと、あら不思議、エンボスされた紙が出て来ます。

次は活版印刷。






活版印刷の活字ってなんだか味わいがあるなぁ…。この機械は現在も使ってるそうです。

それから箔押し。金箔のシートを熱で押し付けます。



こちらはスクリーン印刷。シルクスクリーンと同じですね。手で刷ってみたのですが、最初力が足りなくてかすれてしまい、やり直して綺麗に刷れました。



他に二つ折り製本の綴じ機とか、紙を折る機械とか。

これだけ作れました。



上の段は左から、紙を入れる封筒、活版印刷を刷って製本したノート、スクリーン印刷とエンボスのポストカード、12枚の紙を選んで作ってもらえるノート。下の段左から箔押しと活版印刷のぽち袋。

それから1Fでは大型の印刷機やカッティングマシーンの実演を見せてもらいました。





こちらはカッティングマシーン。解りますか?機械の先っぽにデザインカッターの鋭いのみたいのなのが付いていて、データの入力通りに切り抜いています。



こんなに細かく切り抜けるのです!すごい〜〜!!!

今日は2時間半ぐらいこちらのイベント会場にいました。楽しかった!明日の17時まです。


--------------------------------------------------------------
※森が発起人となり、現在進行中の東日本大震災の
被災者生活支援プロジェクトの「まごころ*花」
のブログを立ち上げました


まごころ*花
--------------------------------------------------------------

| 美術展レビュー | 22:18 | comments(0) | - | - | - |
コメント
コメントする