CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
COUNTER
RANKING
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると
とっても励みになります♪

つなビィ
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
シュシュ作りましょ♪
シュシュ作りましょ♪ (JUGEMレビュー »)

ガーリーでお洒落で個性的なシュシュが簡単に作れるレシピ本です♪ 私も6点の変わり種シュシュを作って掲載していただきました。とっても綺麗な写真とデザインで構成されてます。
RECOMMEND
私を忘れないで
私を忘れないで (JUGEMレビュー »)
藤原 智美, 森 祐子
森祐子がイラストを担当した絵本です。芥川賞作家の藤原智美さんの初めての絵本。主人公の「家」が一組の家族を見つめて語ります。淋しくて、でも美しい絵本です。
RECOMMEND
暖炉の火のそばで―ターシャ・テューダー手作りの世界
暖炉の火のそばで―ターシャ・テューダー手作りの世界 (JUGEMレビュー »)
トーバ マーティン, Tovah Martin, Richard W. Brown, 食野 雅子, リチャード・W. ブラウン
絵本画家のターシャ・チューダーの生活が記されています。花を育て、家畜を飼い、あらゆるものを手作りして。なんとも贅沢な生活です。ターシャの絵やド−ルハウスなども紹介されています。本当のスローライフ。
RECOMMEND
手作り雑貨ができました。―売ってみることのススメ
手作り雑貨ができました。―売ってみることのススメ (JUGEMレビュー »)
HANIKAMI
手作り雑貨のアーティストさんのインタビューが中心。収入、経費、委託ショップや自分のサイトでの収入の割合など、知りたくても聞けないことなどを丁寧に取材してくれています。
RECOMMEND
カナリヤ手帖―ちいさな雑貨屋さんのつくり方
カナリヤ手帖―ちいさな雑貨屋さんのつくり方 (JUGEMレビュー »)
トノイケ ミキ
大阪の雑貨店のオーナーさんの手記。イラストがいっぱいです。ハウツー本としても十分使えます。作家さんへのアドバイスも嬉しい。
MOBILE
qrcode
年賀状書きがようやく終了


  i n f o r m a t i o n
 -------------------------------------------------------

2011年1月18日(火)〜24日(月)渋谷の東急Bunkamuraのアートセレクトショップ「アーツ&クラフツ」の特設コーナーで*PUKU*森祐子の布雑貨を置かせていただきます。

今回は同じく版画作家の山路絵子さん(銅版画を閉じ込めた樹脂アクセサリー)江川渡子さん(銅版画や天然石、木などを使ったアクセサリー)と一緒に展示販売をします。

詳しくはこちらをご覧下さい。

 -------------------------------------------------------



今年の年賀状はこんなデザインです。

見覚えがあります?

このイラストは以前出版した手芸のレシピ本『シュシュ作りましょ♪』(マガジンランド刊行)で使用したカットイラストの原画で、下の写真の革の焼印の元絵でもあるんです。



写真が小さくて解りにくくてごめんなさい。

この3匹のウサギたちは、いつか銅版画にしたいと思いつつ今日に至ります…。今年はなんとか銅版画にして、雑貨に付けられるといいのですが。このうさぎたちと手持ちの消印と切手のハンコ(フェリシモのシリーズです)を色調整してデザインしました。

メッセージは中央あたりの空きスペースに手で書いています。



宛名面はイベントの告知になっちゃいました 住所もプリントなんで、ちょっと味気ないですよね…。でも200枚もあるんで仕方ないかなと割り切ってます。

年賀状も、就職してすぐぐらいは100枚ちょっとだったんです。そのくらいだと多色刷りでプリントゴッコしたり、銅版画にしたり手の混んだものにしても楽しいぐらいだったのですが、個展を開催するようになった10年ぐらい前から、どんどん出す葉書が増えていきました。こうなると年賀状を書くということもひとつの大きな仕事となり。一番枚数を出していた時は300枚近かったのですが、この頃は一言メッセージを手書きすることすら苦痛になりました。

「気持ち」をお相手に届けるはずの年賀状を書くのが苦痛というのは絶対良くないなと、3年ぐらい前から減らす方向で考えるようになり、ようやく200枚で落ち着いています。


今年は恐ろしいことに住所録に登録することから始めることになりまして、いつもの倍ぐらい時間がかかっていますが、ようやく終りそう あと70枚一言メッセージを書いて、プリントミスした分をもう一度プリントして投函したら、私の新年が始まります




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると励みになります♪
是非是非クリック、お願いします!!



| 作品・絵、銅版画 | 16:41 | comments(0) | - | - | - |
フルーティーな猫


またしても猫の絵を描きました。



今回は2点です。


こちらは7月10日スタートの私が所属している版画のグループRinでのTシャツ展に出品する予定の銅版画のラフです。

このTシャツ展のタイトルは『FRUTY』。

このイベントでは、Rinメンバーそれぞれが版画、手描き、プリントとそれぞれに趣向を凝らしたTシャツを制作します。


会期:2010年7月10日(土)〜7 月23日(金)
   10:00〜17:00
   日曜日、祝日はお休み

会場:久米繊維工業株式会社1Fプレスルーム
    東京都墨田区太平3-9-6

詳しくはRinのブログでご覧下さいね。


私は今回はどうしても猫の銅版画が描きたくてこのようなラフになりました。上はぶどうと猫、下はドラゴンフルーツと子猫。

明日からエッチングを開始します。

出来上がったら久米繊維さんのTシャツにプリントをする予定です。
もう少し進んだらまたアップします♪


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ランキングに参加しています。上のバナーをクリックして下さると励みになります♪


| 作品・絵、銅版画 | 21:37 | comments(0) | - | - | - |
プリンのスケッチが完成!!


ようやく今日、プリンのスケッチが完成しました。
とりあえず、かな?背景などはどうするかはまだ決めていません。

こんなに気合いを入れてプリンのことを描いたのは初めてです。
…だってプリンの模様は難しくて。

プリンのような模様は「縞三毛白」というんですね。そしてハチ割れ(鼻が白く、それで斑毛が分かたれている猫を指して用いる、とのことです。トムとジェリーのトムみたいな感じですね)。

私は猫のことは全然詳しくない状態でプリンと暮らし始めましたが、プリンの模様は大好きです。あまりにも複雑で描く気も失せるのですが。本当はお腹側も好きなんですよ。もこもこしていて、柔らかく。白と色部分のバランスが絶妙で。

すみません、猫バカです




にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ランキングに参加しています。上のバナーをクリックして下さると励みになります♪


| 作品・絵、銅版画 | 23:06 | comments(0) | - | - | - |
フィギュアスケーターさんの絵
JUGEMテーマ:アート・デザイン
  最近フィギュアスケーターさんを描くのが楽しくてしょうがなくなってます。

左の絵は前にご紹介しましたアメリカのフィギュアスケート選手のジェレミー・アボットくんのお誕生日カードを作るために描いた色鉛筆画です。本当はこの後にこのラフを使って銅版画を制作する予定でしたが時間が取れませんでした。それでこの色鉛筆のラフをある程度のレベルまで完成させることにしたのでした。(完成したカードはこちらです。)

描いていると学生時代のデッサンなどの要領となりました。スケーターさんって、私が考える以上に絶妙なバランスでポーズをとっているのですね…。足のかかとの位置とか胴体の角度とか「ええ!?このポーズでよく倒れないな!!」と描きながらびっくりしてしまいました。

それから右の絵は4月に制作したテッサ&スコットの応援バナーのシルエットのラフから進化させました。この二人は、これまたびっくりするぐらいのバランスです。顔の角度とか背の反らせ具合とか。応援バナーの時にはまだ形の取り方が甘くて、色鉛筆画としてある程度見せられるぐらいまで書こうと手を加えていったら、どんどん形が変わっていきました。
続きを読む >>
| 作品・絵、銅版画 | 21:47 | comments(0) | - | - | - |
久しぶりのエッチング


自由が丘の「南の窓」さんでの個展用に、新作の銅版画を製作中です。
原宿の工房でも久しぶりに作業をしました。
銅版画を切って、グランドをかけて、ろうそくでテーパーをして、
版を真っ黒にしてからニードルで描きます。

この写真の絵は天使。クリスマスが近い時期の開催なので。
写真の右側は、愛用のニードルです。
随分年期が入ってしまいました…。
| 作品・絵、銅版画 | 21:23 | comments(0) | - | - | - |
| 1/1PAGES |