CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
COUNTER
RANKING
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると
とっても励みになります♪

つなビィ
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
シュシュ作りましょ♪
シュシュ作りましょ♪ (JUGEMレビュー »)

ガーリーでお洒落で個性的なシュシュが簡単に作れるレシピ本です♪ 私も6点の変わり種シュシュを作って掲載していただきました。とっても綺麗な写真とデザインで構成されてます。
RECOMMEND
私を忘れないで
私を忘れないで (JUGEMレビュー »)
藤原 智美, 森 祐子
森祐子がイラストを担当した絵本です。芥川賞作家の藤原智美さんの初めての絵本。主人公の「家」が一組の家族を見つめて語ります。淋しくて、でも美しい絵本です。
RECOMMEND
暖炉の火のそばで―ターシャ・テューダー手作りの世界
暖炉の火のそばで―ターシャ・テューダー手作りの世界 (JUGEMレビュー »)
トーバ マーティン, Tovah Martin, Richard W. Brown, 食野 雅子, リチャード・W. ブラウン
絵本画家のターシャ・チューダーの生活が記されています。花を育て、家畜を飼い、あらゆるものを手作りして。なんとも贅沢な生活です。ターシャの絵やド−ルハウスなども紹介されています。本当のスローライフ。
RECOMMEND
手作り雑貨ができました。―売ってみることのススメ
手作り雑貨ができました。―売ってみることのススメ (JUGEMレビュー »)
HANIKAMI
手作り雑貨のアーティストさんのインタビューが中心。収入、経費、委託ショップや自分のサイトでの収入の割合など、知りたくても聞けないことなどを丁寧に取材してくれています。
RECOMMEND
カナリヤ手帖―ちいさな雑貨屋さんのつくり方
カナリヤ手帖―ちいさな雑貨屋さんのつくり方 (JUGEMレビュー »)
トノイケ ミキ
大阪の雑貨店のオーナーさんの手記。イラストがいっぱいです。ハウツー本としても十分使えます。作家さんへのアドバイスも嬉しい。
MOBILE
qrcode
印刷のいろは展に行って来ました!
 
東急多摩川線・鵜の木(下丸子からでも行けます)の印刷会社の金羊社で『印刷のいろは展』というイベントが開催されていて行って来ました!


昨日ツイッターでマユタンがイベントの感想をつぶやいてくれて、とっても面白そうで。今日ちょうど登戸で打ち合わせがあったのでその帰りに行って来ました。



金羊社入り口。地元の人が多いのか、自転車がいっぱい。

まず入り口でちらしなどをいただきました(写真真ん中の黒い紙)。



ちらしの紙質がすごく良い。さすが印刷会社のイベント。左のは4Fでいただいたブックカバー、右の白いのは束見本ということです。パンフレット紙とCDのブックレット紙。あれこれ「ご自由にどうぞ」となっています。太っ腹!

それから1Fではイラストレーターさんやデザイナーさんが金羊社の印刷技術を使って制作した製品の物販がありました。これがどれもこれもセンス良くて!

私は夫へのプレゼントに、Prelibri(プレリブレ)さんのブックカバー等を購入。




解りますか?このブックカバーは革のような質感の紙?樹脂?にエンボスとか銀箔で印刷されているんです。



こちらは同デザインのエンボスシール。

出かけた時はいつも夫に何か買いたいと思うのですが、男性向けのプレゼントってなかなかないですよね…。こちらのPrelibriさんのデザインはものすごくうちの夫が好きそうでしたので即買い!(やっぱりあげたらとっても喜んでました


 
自分用には赤崎チカさんのガムテープ。ぶたさんです

それからマユタンお薦めの、4Fの体験コーナーに行きました。エンボス加工、活版印刷などを500円で体験出来るワークショップのコーナーです。人がすごくいっぱい!

入り口で500円を払って、刷ってもらえる紙をあれこれいただいて印刷技術の体験です。

まずはエンボス加工。





樹脂のシートに紙を挟んで、昔の洗濯機の脱水みたいな機械に入れててで回すと、あら不思議、エンボスされた紙が出て来ます。

次は活版印刷。






活版印刷の活字ってなんだか味わいがあるなぁ…。この機械は現在も使ってるそうです。

それから箔押し。金箔のシートを熱で押し付けます。



こちらはスクリーン印刷。シルクスクリーンと同じですね。手で刷ってみたのですが、最初力が足りなくてかすれてしまい、やり直して綺麗に刷れました。



他に二つ折り製本の綴じ機とか、紙を折る機械とか。

これだけ作れました。



上の段は左から、紙を入れる封筒、活版印刷を刷って製本したノート、スクリーン印刷とエンボスのポストカード、12枚の紙を選んで作ってもらえるノート。下の段左から箔押しと活版印刷のぽち袋。

それから1Fでは大型の印刷機やカッティングマシーンの実演を見せてもらいました。





こちらはカッティングマシーン。解りますか?機械の先っぽにデザインカッターの鋭いのみたいのなのが付いていて、データの入力通りに切り抜いています。



こんなに細かく切り抜けるのです!すごい〜〜!!!

今日は2時間半ぐらいこちらのイベント会場にいました。楽しかった!明日の17時まです。


--------------------------------------------------------------
※森が発起人となり、現在進行中の東日本大震災の
被災者生活支援プロジェクトの「まごころ*花」
のブログを立ち上げました


まごころ*花
--------------------------------------------------------------

| 美術展レビュー | 22:18 | comments(0) | - | - | - |
落田洋子さん個展、おのみちこさん個展
 
 -------------------------------------------

久保田英津子/森祐子 二人展
「ちいさな ちいさな 贈り物」

2011年12月6日(火)-12月11日(日)
11:00-19:00(最終日 16:00)

猫絵描き・久保田英津子とバッグと雑貨の作家・森祐子による二人展。
クリスマスも近づく季節にちょっと可愛い「ちいさな贈り物」を見つけに来て下さい♪


詳しくはこちらの記事をご覧下さい。
パソコンの方は、こちらにも情報をリンクしています。合わせてご覧下さい。

画廊ぎゃらるりじん
〒231-0868
神奈川県横浜市中区石川町2-85
TEL 045-681-5900
JR 石川町駅南口徒歩1分

-------------------------------------------


今日は普段引きこもりの私にしては、あちらこちらと出かけて忙しい日々でした♪


お昼は地元のイタリアンのお店「ファゴット」で、今月初旬の大槌町仮設住宅でのワークショップの時にご一緒をさせていただいた、偶然地元がご一緒だったボランティアのMさんとUさん、そしてMさんのお知り合いのEさんとお昼ご飯。



ファゴットさんは、気取らずに日本の食材を生かした家庭的なイタリア料理。前菜は撮影したのに、その後はおしゃべりに夢中になってしまい、パスタ、デザート等は撮影出来ず。残念。

今回お食事をした方たちは、神奈川県主催のボランティアバスツアーでボランティアをなさっている方たち。私はいつも遠野まごころネットでお世話になっているので、違ったボランティアさんのお話を聞けるのはとても興味深いです。

たまたま派遣された先が一緒だっただけなのですが、志は同じですのであれこれとボランティアにことなどをおしゃべり出来てとっても楽しかったです。

お3人にはまごころ*花のお手伝いもしていただけるとのこと。早速、生地のカットなどをお願いしてしまいました まごころ*花が少しずつ大きくなるに従って、やはり人での足りなさが露見して来てます。新たに手伝っていただける方が増えたことは、本当に心強いです!



それから銀座の77ギャラリーに、私が昔から大ファンの洋画家の落田洋子さんの個展「MAY I HELP YOU?」を観に行きました。



落田さんは個展のご案内を、いつも万年筆で描いた直筆で下さります。なんかこれだけでご利益があるというのか…。そのご案内を見ているだけで幸せな気分。

今回の落田さんの作品では猫がいっぱい登場しているので見ているだけで幸せ。本、少年、花などなど。落田さんの作品に出て来る象徴的なモチーフも数多く登場します。

今回落田さんの作品を見て、柔らかくなったな…と感じました。以前のような尖った繊細なラインは影を潜め、全体的にぽわっと輪郭が淡くなったように感じました。

猫、少年の表情は少し憂いを帯びたというのか。ちょっとくたびれたようにも見えました。落田さんの人物や猫などは、以前にはもう少し解りやすいというのか、生き生きとしていたように思うのですが。部屋に飾った時に気持ち良いとか癒されるという表情ではありません。でも。これだけ大きな災害を迎えてしまった日本には、合っているように思いました。

明日までです。



それから青山のspace yuiに、イラストレーターのおのみちこさんの個展「Cycle サイクル 〜 通り過ぎる・巡り来る 〜」を見に行きました。

おのさんの個展を以前に見せていただいた時は、水彩画でした。非常にコントロールされた筆致のデザインの美しい水彩画でした。雪の結晶のような印象。

今回はアトリエを自由が丘から大津に移動なさってからの作品が並びます。DMの説明に寄ると、作品は和紙や生地のコラージュとのことで、今までの作品とは違った雰囲気なのかな?と思いました。

おのさんの作品群は、今まで私が考えていたようなコラージュとは全然違って。素材として和紙や生地、ビーズ、糸、それにフェルトなども使われているのですが、見事に調和しています。



おのさんが大津で見つめて来た草花や小鳥、昆虫。雪とか水とか。空気や温度、音までもが再現されています。

使っている素材は生地や糸、ビーズ等なので、クラフトに近いのかもしれませんが、明らかに絵なんですよね…。異素材が非常にバランス良く配置されています。







作品の写真をアップさせていただきました。

和紙、生地などは全て貼ってあります。びっくりするぐらい細かくて美しい手仕事。見ているだけで嬉しくなってしまいました。

おのさんとはmixiとかFacebookなどでも交流をさせていただいているのですが、私の「まごころ*花」のことでは、いつも嬉しいメッセージを寄せていただいていました。私は読ませていただく度に「おのさんの作品だとまごころ*花にぴったりだな…」と思いつつ、無償で作品を使わせていただくことをお願いするということはなかなか言い出せなくて。

でも今日お会いしたら、すごく「まごころ*花」の活動のことを良く言って下さって。それで思い切って「作品を使わせていただけませんか?」とお願いしましたら、とっても快くお引き受け下さいました!!あーもう、感激!!

最後におのさんが10年来プロデュースをなさっている和の小物のシリーズから、素敵な辰の袱紗を買わせていただきました。



なんだか可愛らしいにっこり笑った辰が刺繍されています。

おのさんの個展は26日(土)PM5:00までです。


ちょっと気がかりなことがあったのですが、
ほとんど解決したようです!!ヨカッタ!!
明日からは二人展作品に全力投球です♪
こんな私ですが下のパンダを押していただけると
ランキングの順位が上がって森が喜びます


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ

--------------------------------------------------------------
※森が発起人となり、現在進行中の東日本大震災の
被災者生活支援プロジェクトの「まごころ*花」
のブログを立ち上げました


まごころ*花
--------------------------------------------------------------

| 美術展レビュー | 23:15 | comments(0) | - | - | - |
 Lemon Lime Fishさん個展に行って来ました!
 
今日はお友達の小鳥雑貨作家のことりさんと、新宿丸井本店のArrivee et Depart(アリヴェデパール)新宿店に、大好きな帽子作家のLemon Lime Fishさんの個展『サンタになれる帽子たち』を見に行って来ました!

夏にfishさんが個展をなさった時にもこのアリヴェデパールさんにはお伺いしたのですが、店内にfishさんのお帽子がありません。ん?もしや日付を間違えた?と思ってショップの方にお伺いしましたら、中央の特設コーナーで開催中とのこと。

行ってみたら、しっかりありました、お帽子たち!!









DMになっているサンタ帽初め、秋冬らしい生地を使った可愛らしいお帽子たちが、いました ふたりで片っ端から被らせていただきました! 「これが似合う!」「やっぱりこっちかな?」みたいな感じで。特設コーナーはショップ店内よりも通路が広いので、すごく試着がしやすかったです。全身を映す鏡も近くにありますし。

そうやってとっかえひっかえ被っていたら、スタッフの方が「こちらもどうぞ〜!」とまだディスプレイされていない帽子たちも出してくれました。



こんなにたっぷり…!!どのコも可愛らしくて でも私がお気に入りのコは一目惚れしたこのコだったのです。



最初小さなお花とか金色のチェーンが、私には可愛らし過ぎるかなと思ったのですが、ハンチングというボーイッシュな形のせいかシックな生地のせいか、ラブリーになりすぎません。私ぐらいの年齢でも全然いけます!



被ったところ。家で撮影したのですが、メイクが落ちてるしヘアスタイルもひどい状態なので…。お目汚しです。。

fishさんのお帽子は商品番号の代わりにお名前付きなのですが、このコは「ダヴィンチ」とのこと。ポインセチアの品種名だそうです。



それからランチ。ことりさんは、「まごころ*花 プロジェクト」にもご協力をして下さっていまして、今日はことりさんがまごころ*花のためにひとつひとつ制作をして下さったことりパーツをお受け取りしました。



こんな可愛らしいかごに入って…!!全部で20個作っていただきました。



まごころ*花の『*』マークが羽根についてるんです このことりパーツは、今アクセサリー作家のスギモトシホさんが、あまりアクセサリーを作る技術のない方にも作りやすいようなデザインを考えてくれています。近いうちにまごころ*花ブログでもご紹介出来ると思います。

ことりさんとは実は趣味のスケート観戦でお知り合いになったのですが、今日はスケートの話はあんまりしないで雑貨のお仕事の話中心でした。震災直後のこととか。なんかその前って今と全然違って。何も知らなくて楽しかったね、みたいなこととか。

それからことりさんから素晴らしいお土産をいただきました



小沢健二くんの『カローラ兇砲里辰董戮任后!懐かしいですね〜〜!!1994年発売なんですねー、ことりさんまだ小学生ですって。私は当時はもう働いてたし結婚してましたヨ…。でもこの「カローラ供廚辰董⊂沢くんは歌だけなんですね。歌詞は電通の佐藤雅彦さん。当時あれこれCMの大きい仕事してた方でしたね。曲も違う人だったのか。だから小沢くんの歌としては違和感あったのね…。

この8センチCDは、家のMacBookに思わず入れてしまい、出て来なくなるというアクシデントがありましたが、CD入り口を下にして振れば出て来ると言う知恵袋情報により、無事救出出来ました…。ほ。



そして家に帰ってからは明日大槌町に持って行くシュシュ作り!



シュシュの皮、34個出来ました


うう、シュシュ作りで今日はおしまい。
明日一日でやることがいっぱい。はう。
こんな私ですが1日1回、下のパンダを
押していただけると
ランキングの順位が上がって森が喜びます


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ

--------------------------------------------------------------
※森が発起人となり、現在進行中の東日本大震災の
被災者生活支援プロジェクトの「まごころ*花」
のブログを立ち上げました


まごころ*花
--------------------------------------------------------------

| 美術展レビュー | 22:31 | comments(2) | - | - | - |
窓辺のおはなし
 --------------------------------------------------------------

西麻布の「Ruby in the Soda」さんで開催されるネコ好きさんの為のイベント『Cat-Nap展 no.2』に参加をします!

2011.11.29(土)- 30(日) 12:00~16:00

場所:西麻布Ruby in the Soda

詳細はRubyさんのブログでお確かめ下さい!!

 --------------------------------------------------------------


今日は目白のブックギャラリー ポポタム坂田季代子(銅版画)さんと山川あかね(布人形)さんの二人展「窓辺のおはなし」を見に行って来ました。

坂田さんの作品は、昨年に同ギャラリーで行われた蔵書票展の時に拝見しました。とにかく美しいエッチングのお仕事なんだけどどこかほわんとした可愛らしさもあって、大好きな作家さんです。今回の展示で作品をこれだけの数を見せていただくのは初めてです。


今回は布のお人形を作られる山川あかねさんと坂田さんのコラボレーション。全く違う作風ながら、統一感を感じられました。作家性というのか、持っている質感が近いというのか…。



こちらは坂田さんの作品。イタリアで出版をなさった絵本の原画です。深い深いエッチングの色合い。雪の日のしっとりした空気感や温度までが表現されています。



こちらの作品は手のひらサイズ。小さな木の額に納められた作品は、それだけで強い世界があります。



こちらは山川さんの布のお人形。とてもお上品なにゃんこが、丁寧に手描きされています。にゃんこはいっぱいいて、どのコも可愛らしかったです



他のお人形はモビールのように天井から吊るされていました。細い糸でゆらゆら。ちょっとシュールで、でも繊細なお人形たちでした。

10月22日(土)〜17時までです。明日で最終日!


明日から宇都宮に出かける予定なんですが、
夫は結膜炎だとか…。風邪と併発してます。
どうなってるんだ。こんな森家ですが
1日1回下のパンダを押していただけると
ランキングの順位が上がって森が喜びます


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ

--------------------------------------------------------------
※森が発起人となり、現在進行中の東日本大震災の
被災者生活支援プロジェクトの「まごころ*花」
のブログを立ち上げました


まごころ*花
--------------------------------------------------------------


| 美術展レビュー | 23:39 | comments(0) | - | - | - |
kabottさん個展に行って来ました
 
昨日はお友達のバッグ作家kabottさんの個展を見に表参道のギャラリー・ドゥー・ディマンシュに行って来ました。

kabottのカワスミショウコさんのバッグは、私がハンドメイドのバッグを作り始めようと思ったきっかけなんです。初めてネットで購入をさせていただいたのは今から7年前かな?元々手の混んだ刺繍とかアップリケのついたバッグは大好きだったのですが、ネットでハンドメイドのバッグを買わせていただくのはショウコさんのバッグが初めてでした。ふんわり優しいバッグで、びっくりするぐらい縫い目なども綺麗で、持っているだけで幸せな気持ちになって。

その後体調不良になった時期があったのですが、その時に購入したばかりのショウコさんバッグをじっと見て「どうしてこのバッグには温かみがあるんだろう…?」と思った時に購入時にいただいたメールを思い出して「そっか!バッグって人に作られてるんだ、そして作った人に愛されてるバッグだから温かいんだ!!」ということに気づいて。

それまでの私は、バッグでもお洋服でもファッションの1アイテムと考えていて、「人が作っている」といことをあまり考えてなかったんですよね。漠然と「工場で作られる」とは思っても、その様子を深く考えることはなく。

その後、私がしょっちゅうハンドメイドバッグを買うのを見て、版画工房のお友達から「バッグ、作り方の本も出てるよ、自分でも作ってみたら?」と勧められて。それでバッグ作りの面白さに取り憑かれて今に至ります。


久しぶりに見せていただくショウコさんのバッグは、やっぱりほんわか優しいバッグたちでした



私は今回の展示ではしょうこさんがMOEで連載なさっていたお仕事をまとめた本「絵本の森でうまれたバッグ」(白泉社)に載っているこのバッグがお気に入り。ロシアのお話「森は生きている」からイメージしたそうです。

偶然にも私も以前、銅版画で「森は生きている」のイラストを描いた事があるんです。そっか〜 ショウコさんの捉え方だとこうなるのね!



このバッグは革の使い方がとってもいい感じ。ゴブラン織りのレトロな生地とハードな革がかちっと合って。革ハンドルもショウコさん作。



ギャラリー全体はこんな雰囲気。この手前には古いミシンなどもディスプレイされていて、さながらショウコさんのアトリエ。壁に貼ってあるフェルトの葉っぱなどからも秋の色合いを感じました。

今回の個展では、小さなものの販売もいっぱい!最終日だったので少なくなってしまってましたが、私は犬のコインパースを買わせていただきました



わんこのラインが、ご実家でわんこと一緒に生活をなさっていただけあって、とってもいい感じ♪ 少しラメの入った本体の生地も素敵だし、中布にはお花が咲いていてうきうきします。


この連休は、雑用と睡眠で終ってしまった…。
あ、昨日は夫とカラオケ行きました!
なんと15年ぶり!?
こんな私ですが、1日1回下のパンダを
押していただけるとランキングの順位が
上がって森が喜びます


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ

--------------------------------------------------------------
※森が発起人となり、現在進行中の東日本大震災の
被災者生活支援プロジェクトの「まごころ*花」
のブログを立ち上げました


まごころ*花
--------------------------------------------------------------

| 美術展レビュー | 22:49 | comments(2) | - | - | - |
| 1/6PAGES | >>