CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
COUNTER
RANKING
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると
とっても励みになります♪

つなビィ
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
シュシュ作りましょ♪
シュシュ作りましょ♪ (JUGEMレビュー »)

ガーリーでお洒落で個性的なシュシュが簡単に作れるレシピ本です♪ 私も6点の変わり種シュシュを作って掲載していただきました。とっても綺麗な写真とデザインで構成されてます。
RECOMMEND
私を忘れないで
私を忘れないで (JUGEMレビュー »)
藤原 智美, 森 祐子
森祐子がイラストを担当した絵本です。芥川賞作家の藤原智美さんの初めての絵本。主人公の「家」が一組の家族を見つめて語ります。淋しくて、でも美しい絵本です。
RECOMMEND
暖炉の火のそばで―ターシャ・テューダー手作りの世界
暖炉の火のそばで―ターシャ・テューダー手作りの世界 (JUGEMレビュー »)
トーバ マーティン, Tovah Martin, Richard W. Brown, 食野 雅子, リチャード・W. ブラウン
絵本画家のターシャ・チューダーの生活が記されています。花を育て、家畜を飼い、あらゆるものを手作りして。なんとも贅沢な生活です。ターシャの絵やド−ルハウスなども紹介されています。本当のスローライフ。
RECOMMEND
手作り雑貨ができました。―売ってみることのススメ
手作り雑貨ができました。―売ってみることのススメ (JUGEMレビュー »)
HANIKAMI
手作り雑貨のアーティストさんのインタビューが中心。収入、経費、委託ショップや自分のサイトでの収入の割合など、知りたくても聞けないことなどを丁寧に取材してくれています。
RECOMMEND
カナリヤ手帖―ちいさな雑貨屋さんのつくり方
カナリヤ手帖―ちいさな雑貨屋さんのつくり方 (JUGEMレビュー »)
トノイケ ミキ
大阪の雑貨店のオーナーさんの手記。イラストがいっぱいです。ハウツー本としても十分使えます。作家さんへのアドバイスも嬉しい。
MOBILE
qrcode
小沢健二さんのコンサートに行って来ました(2)
 
4月12日は、小沢健二くんのコンサート『東京が奏でる』に行って来ました。昨日の記事の続きです。



せっかく女子大生のちなさんがゲットしてくれた良席のチケットですが、ちなさんが行けなくなってしまいました…。その後twitterのお友達から、チケットの抽選に落ちてしまったけどコンサートに行きたい!というお友達をご紹介していただきました。メグさんです。

そして当日。ものすごくお天気のいい春の日でした。行きの電車から見た桜並木。青い空に映えて。この日はとても悲しいこともありました。きっと、一生忘れられない一日になるだろうなと思いました。

続きを読む >>
| ライブ | 03:28 | comments(0) | - | - | - |
小沢健二さんのコンサートに行って来ました(1)
 
昨日は小沢健二くんのコンサート『東京が奏でる』に行って来ました。

…コンサートって書きましたが、会場がクラシック音楽のホール(初台のオペラシティ)なんでコンサートなのかな、と思うけど、やっぱり自分の中ではライブだな。




続きを読む >>
| ライブ | 23:41 | comments(0) | - | - | - |
大阪でメレンゲ×GOINGのライブに行って来ました♪
 
今月の9日の深夜バスで大阪に行って二泊して、その後神戸で一日遊んで12日の深夜バスで横浜に戻るという旅行をして来ました。

その旅の目的は大阪・梅田で開催された「3.11 from KANSAI」というイベントでワークショップをするというものだったのですが(その様子はまごころ*花ブログにまとめました。昨日の記事今日の記事と二回に分けました。よろしかったら読んで下さいね

そのイベントの後、ブースは違うけど、同じく遠野まごころネットのブースでボランティアをしていたお友達のちなさんと、心斎橋のライブハウス「BIG CAT」にメレンゲ×GOING UNDER GROUNDのライブに行って来ました!!



メレンゲはちなさんに教えていただいて、昨年の秋から聴くようになりまして、中でも『アポリア』に激はまりしていましたので、ちなさんにライブ情報をお聞きした時には感激でした!!ただし今回も深夜バスで大阪入りして、その後一日中外でワークショップをした後に、スタンディングのライブが耐えられるだろうか…?(特に年齢的に)という心配はままありましたが…。

それでもやっぱりお仕事の後にライブなんて、こんなに嬉しいご褒美はありません!!

ありがたいことに深夜バスでは珍しく熟睡出来たし、ワークショップはずっと座っていましたので、弱ってる足腰(情けない)は大丈夫!わくわくしながらアメリカ村を歩きました♪

そのライブハウスのBIG CATはお洒落なファッションビルの4Fでした。以外〜!私が行ったことあるライブハウスって、古いビルに入ってたりすることが多かったので…。到着した時には既にお客さんはライブハウス前に並んでいました。年齢層は、12月に行ったフジファブリックよりは高め。うん、このくらいだと入りやすい。

入場してからすぐにメレンゲのクボくんがツイッターでつぶやいていたCDの「給水塔」を購入してからホールに入りました。ホールはこじんまりしていて、後ろの方でもすごく見やすそう♪ビールを飲んでちなさんとおしゃべりをしながら開演を待ちます。


照明がぱ〜っと明るくなってまずはメレンゲが登場!!

曲の順番とか詳しくは覚えていないのですが、アポリアからの曲が数曲、私が知らない曲が3、4曲(もっとあったかも)、それに新曲でした。

初めて生で聴くメレンゲは、思いのほかロックでした!!曲の感じが優しげなんで、もう少ししっとりしたライブかと思いましたが、お客さんもメンバーも、みんなノリノリでした!!横を見るとちなさんが一番はじけてるかも…!!

クボくんのボーカルは、CDで聴くよりも荒いというのか魂がこもってるというのか…。裏声が多少不安定になるところもひっくるめて、ものすごく味わいがありました。心に滲みますね。

アポリアからの曲は、どれもこれも涙腺緩ませられました…!

クボくんのトークは笑いました 笑いというか苦笑 アルバイトが長続きしない話とか(ひも発言とか)、ああ、こういう人、いる!みたいな。うーん、曲を聴いてた時に持っていた純な男性のイメージが。。ミュージシャンになるべくしてなったような人だったのですねぇ!!

新曲は今までとまた全然違う感じ!!なんかえらく良さげでした〜〜!!アルバムを作ってるとおっしゃっていましたが、かなり期待です〜〜〜!!!


その後メレンゲが退場してGOINGです。。セッティングなどに時間がかかりますが、ちなさんとおしゃべりしていたらあっという間でした!トイレ等も行きました(これは二人だと場所取りがありがたいものですね)。トイレから戻って来たら、男性が多くなっているのにびっくり。ちなさんによると普段のメレンゲのライブはほとんど女性客ばかりとのことですので、GOINGは男性ファンも多いのですね。男性だけでなく、全体的に人口密度が上がった感じ。


それからGOING UNDER GROUNDが登場!!

私、GOINGって名前だけはどこかで目にしたと思うのですが、一曲も知りませんでしたが、すごいですねぇ…!!ボーカルの人の声がものすごく良い上に、他の楽器の人たちも、みんな歌えるし。曲は初めてでも馴染みやすいし、ノリがいい。アップテンポにがんがん来るので、自然足が動きます。おかげで疲れはぶっ飛びました〜〜!!もっと聴きたくなりました〜〜!!!


GOINGが袖に下がった後は、マイクがいっぱい登場。いよいよメレンゲとGOINGのコラボ曲ですね!!

そのコラボ曲の給水塔は、とても明るくて温かみと優しさのある素敵な曲でした…!!無理矢理まとめた感じは全然なくて、二つのバンドの良い所が自然にミックスされていて。本当に、この感じでアルバム作って欲しいです…!!

最後はGOINGのアカペラ。これまた素晴らしいハーモニー。締めくくりにちょうど良かったです♪


終ったあとはちなさんと二人で大阪らしくたこ焼きを食べました!!良かった〜、最近大阪に行ってもたこ焼きを食べてなかった!!

とってもとっても楽しい夜でした〜〜!!!
| ライブ | 22:42 | comments(0) | - | - | - |
フジファブリックのライブに行って来ました(2)
 
昨日の記事の続きです。



そういう訳でフジファブリックのライブです。

大阪公演を観たちなさんのアドバイスで、チケットを譲っていただいた時点ではまだ購入をしていなかったアルバム『MUSIC』を購入。ついでに『クロニクル』も買いまして、付け焼き刃ですが今週はひたすら『MUSIC』と『STAR』を聴いてライブに備えていました。

ところで。徐々に不安になって来たのがスタンディングのライブという点。うーん、前回スタンディングでライブに行ったのはベンフォールズファイブの初来日公演だったと思うので、なんと16年ぶり!?足腰はもつだろうか…?それに、ファン層は若いんだろうな〜 こんなおばさんが行っても大丈夫だろうか…などなど。 



で、当日は開場時間よりも早めに着いて時間をつぶしていました。グッズの販売があったようで、結構人がいっぱい。見ると若い人が大半でしたけど、私と同世代っぽい人たちも若干いることはいます。とりあえずほっとしました。

私のチケットの整理番号は2300番台なんで、開場時間後も結構待たされました。この日は寒かったです…。その中に外のロッカーにコートや荷物を預けて、半袖のツアーTシャツで動き回ってる若者を見た時には呆然でした。熱いな!!

ようやく会場に入れて、荷物は会場内のロッカーに預けられたので、身軽になりました。ワンドリンクってことなんでビールをいただいて開演を待ちます。Zepp Tokyo、こんなに広いライブハウスって初めてです。体育館ぐらい?私は後ろの方でしたが、ステージはちゃんと見えそう!



そしてようやく照明が消えて、ライブが始まりました!!

最初に「intro」のきゅいーーん!!って音が聴こえて来た時「ああ、これがライブの音なんだ!!」と、なんかじわっと来ました。短時間ですが聴き込んでいたので、このお腹に響くような大音響がライブなんだなと。CDで、iPodで聴いてると自分の好みの音量で、調整された音を聴くのですが、「これでもか!!!」と言わんばかりの激しい音が身体を通り越すようにがんがん来ます。

山内さんのボーカルは、のびやかで声量があるし音域も広いことに驚きました。CDで聴いてた時には、もう少し弱い声の印象でした。そして、高音域でも声が裏返ったりすることなく、ぐいーーーん!とのびます。そっか〜 こんなに歌える人が今までは後ろでギターを弾いてコーラスしてたのか…。

曲の順番もすごく良かった!!激しくのれる曲が続くので、自然に身体が動いてきます。私の場所は後方だったのでちょっとおとなしめでしたが、前の方はノリノリの様子!!羨ましい!!!

STARからの曲は自然に入って来るのですが、志村さんが歌っていた曲を山内さんの声で聴くと少し不思議な感じがしました。自分の中でインプットされていた声にすっと重なるような。それは全く不快な感じではなくて、歌がもう一度再生されるような…。歌が生きてるんだな、そんな風に感じました。もし志村さんが亡くなった時にフジファブリックが解散してしまったとしたら、志村さんの歌がこんな風に生き生きと再生されることはなかったのでしょうね。

私は普段CDはiPodに入れてスピーカーで聴くことが多いのですが、まずは飽きるぐらいまでアルバムを曲順通りに聴いて、その後その歌手(グループ)内でシャッフルして聴きます。それがフジファブリックではSTARからはボーカルが変わるので、アルバムをシャッフルして聴くことって出来るかな?と思っていたのですが、今回のライブで、それは全然出来る!!と確信しました。ボーカルが違っても、やっぱりフジファブリックの音なんですねぇ…!!



途中のMCをはさんで、アコースティックの「アイランド」は良かった!!清涼感を感じました。クラッシック等のホールと違ってこういうライブハウスだから仕方ないのですが、少し音が割れてしまうので、シンプルに聴かせてくれるとほっとします。

後半は私が大好きな「パレード」とか「アンダルシア」がやっぱり印象に残りました!それと、やっぱり「虹」は盛り上がりますね。志村さんの独特のこぶしが、山内さんもそれほどねちっこくはなく入っていて、これもまたいい感じでした。

ラストの「ECOH」はかなりぐぐっと来ました。決意とか、想いとか。全てこの曲にこめられているのでしょうね…。



アンコールの「星降る夜になったら」もすごく良かったのですが!!「僕らが旅に出る理由」も聴きたかった…!!短い視聴版しか聴いてないので…。
そして最後の最後の「TAIFU」は、この日一番の盛り上がりでした!!私の前の男性は、それまでは割と控え目だったのですが、この曲の時は手を振り上げて踊ってました!!



そして終ったのですが。いやぁ、本当に楽しかった!!!結局4時間ずっと立ってたのですが、帰りの電車で座るまでは、そんなことも全く忘れるぐらい気持ちが高揚しておりました!!!



最初に思った「おばさんの私では浮くのでは?」なんて心配はどこへやら。良い音楽、好きな曲を聴いて感動して盛り上がるってことに、年齢も何も関係ないのですね。

素敵な時間をどうもありがとう!!!!


という訳で、ようやく感想を書き終わりました。
長いですが読んで下さった方、どうもありがとうございます。
こんな私ですが下のパンダを押していただけると
ランキングの順位が上がって森が喜びます


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ

--------------------------------------------------------------
※森が発起人となり、現在進行中の東日本大震災の
被災者生活支援プロジェクトの「まごころ*花」
のブログを立ち上げました


まごころ*花
--------------------------------------------------------------

| ライブ | 22:02 | comments(0) | - | - | - |
フジファブリックのライブに行って来ました(1)
 
金曜日はZepp Tokyoにフジファブリックのライブに行って来ました!



フジファブリックは、11月初旬にまごころ*花のワークショップのボランティアに行った際、お友達になった女子大生のちなさんに教えていただいたバンド(その時の記事はこちらこちら)。

フジファブリックのことは小沢健二くんのサイトの読み物で9月に紹介されていて、『ぼくらが旅に出る理由』のカバーを歌うということでしたのでYoutubeの視聴で聴いてみてはいました。その時は「うわー、今の日本のバンドってこんなに複雑で達者な音なんだ…」と結構びっくりしたのです。その時に関連動画で出て来て、やはり小沢くんの『今夜はブギーバック』をフジファブリックがカバーしているということで見た(聴いた)のですが…。それは「うわ、なんだこれ!?ねちっこい歌い方!!」って感じだったんですよね。

それがちなさんがご紹介して下さったのもフジファブリックでしたので、もう一度ちゃんと聴いてみようと思いました。そしてちなさんお薦めの曲『陽炎』を動画を見たら。もう本当に良くて。それ以来すっかりはまってしまって、ファーストアルバムから一枚ずつ買って聴き込んでいました。

フジファブリックのことをツイッターでつぶやいたら別のお友達が拾ってくれて、ご主人(何度もお会いしている方)がCDとDVDをかなり持っているってことで貸していただけることになりました。CDはお借りしたものも含めてアルバム3枚を聴いたのですが、一枚毎にがらりとカラーが違うので聴く度にびっくりしました。最初はアクが強い、と思ったボーカルの志村さんの歌い方や曲調も、慣れて来ると中毒性があるというのかすっかりはまってしまいます。そしてDVDでメンバーが演奏している姿を見ていたら格好良くて!!無性にライブに行きたくなってしまいました。

ちょうどその頃ツアーが始まったばかりで、ネットでその感想などを読んでいるうちにむらむらと…。東京公演もあるらしい…。

ただ、フジファブリックはその時に私が聴き込んでいたボーカルで作詞作曲を担当していた志村さんが2年前に亡くなって、今は後ろでギターを弾いていた山内さんが歌っているとのこと。これまたどんな具合なのか非常に気にかかります。(私が一番最初に聴いたオザケンのカバーも、この山内さんのボーカルだったのですね。)

それで今月初めの二人展の最中に、山内さんボーカルの最新アルバム「STAR」を買いました。iPodに入れて、二人展期間中は行き帰りの往復ではずっとこのアルバムを聴き込んでいました。

最初に聴いた時は正直違和感がありました。山内さんの声は志村さんに比べると随分爽やかというかアクがないというか。少しバンドの音に負けてる?なんて思ったし。曲調も志村さん独特の怪しさというか禍々しさは一切ない。
でもこのアルバムだけを聴き込んでいくと、印象ががらりと変わって行きました。明るくてぱ〜っとした良い曲ばかりだし、山内さんのボーカルものびやかで素直な良い歌い方で、曲とよくマッチしているなと。

こうなるとやっぱりライブ!!行きたい〜〜!!と、mixiのフジファブリックコミュを何度かチェックして、運良く定価でお譲りしていただけることとなりました。


…なんだか長くなったので、次回に続きます。


うひゃ〜 さらっとライブの感想を書こうと思ったのに…。
なんだこの長さ。まとめるの下手だな、私。
こんな私ですが下のパンダを押していただけると
ランキングの順位が上がって森が喜びます


にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ

--------------------------------------------------------------
※森が発起人となり、現在進行中の東日本大震災の
被災者生活支援プロジェクトの「まごころ*花」
のブログを立ち上げました


まごころ*花
--------------------------------------------------------------

| ライブ | 22:35 | comments(0) | - | - | - |
| 1/2PAGES | >>