CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
COUNTER
RANKING
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると
とっても励みになります♪

つなビィ
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
シュシュ作りましょ♪
シュシュ作りましょ♪ (JUGEMレビュー »)

ガーリーでお洒落で個性的なシュシュが簡単に作れるレシピ本です♪ 私も6点の変わり種シュシュを作って掲載していただきました。とっても綺麗な写真とデザインで構成されてます。
RECOMMEND
私を忘れないで
私を忘れないで (JUGEMレビュー »)
藤原 智美, 森 祐子
森祐子がイラストを担当した絵本です。芥川賞作家の藤原智美さんの初めての絵本。主人公の「家」が一組の家族を見つめて語ります。淋しくて、でも美しい絵本です。
RECOMMEND
暖炉の火のそばで―ターシャ・テューダー手作りの世界
暖炉の火のそばで―ターシャ・テューダー手作りの世界 (JUGEMレビュー »)
トーバ マーティン, Tovah Martin, Richard W. Brown, 食野 雅子, リチャード・W. ブラウン
絵本画家のターシャ・チューダーの生活が記されています。花を育て、家畜を飼い、あらゆるものを手作りして。なんとも贅沢な生活です。ターシャの絵やド−ルハウスなども紹介されています。本当のスローライフ。
RECOMMEND
手作り雑貨ができました。―売ってみることのススメ
手作り雑貨ができました。―売ってみることのススメ (JUGEMレビュー »)
HANIKAMI
手作り雑貨のアーティストさんのインタビューが中心。収入、経費、委託ショップや自分のサイトでの収入の割合など、知りたくても聞けないことなどを丁寧に取材してくれています。
RECOMMEND
カナリヤ手帖―ちいさな雑貨屋さんのつくり方
カナリヤ手帖―ちいさな雑貨屋さんのつくり方 (JUGEMレビュー »)
トノイケ ミキ
大阪の雑貨店のオーナーさんの手記。イラストがいっぱいです。ハウツー本としても十分使えます。作家さんへのアドバイスも嬉しい。
MOBILE
qrcode
浅草橋と日暮里での仕入れ


いよいよ材料が足りなくなってきまして、浅草橋に行って来ました。
最近はレースモチーフをよく使ってますので、馬喰町のレースの問屋さん
ではあれこれとモチーフを買って来ました。
写真のレースは特にお気に入り。
このレースの中には色々な種類のバラのモチーフが入ってまして、
これを切り取って使う予定です。
それから手芸材料と金具の問屋さんに寄ったのですが、思ったより早く
浅草橋を出られそうでしたので、日暮里で生地を見て来ることに
しました。
いつも馬喰町→浅草橋→蔵前近辺に行ってから浅草橋に戻っていたのだけど
今日は蔵前から日暮里に行くことにしました。
乗り換えに上野御徒町を使ったのですが、浅草橋から上野ってこんなに
近かったんですね…。
雑貨を作るようになってから問屋さんによく行きますが、問屋街の
ごちゃごちゃした雰囲気って好きです。
でも問屋さんって店長さんがおじいさんだったりするので、先が心配に
なることがあります。
跡継ぎはどうしてるって。余計なお世話ですけどね。

さて、日暮里で最近のぞく問屋さんは繊維街の入り口近くとかなり奥。
よく歩いてたのでかなり足が疲れました…。
なんとかイメージ通りのジャガード系の生地を買えました。
この生地に合わせる無地の生地選びに結構苦労しました。
でもなかなかいい雰囲気になったぞ♪

| 生地 | 23:59 | comments(0) | - | - | - |
レースのモチーフ

前回ご紹介したバネ口金のポーチにはレースのモチーフを縫い付けました。
なかなかキュートに出来上がりましたので、今回は馬喰町のレースの
問屋さんにモチーフを探しに行きました。
こちらではよくレース生地の端切れを購入していましたが、改めて
レースのモチーフになるようなレース地を探すと、目移りするほどあります。
今回購入したレースはお花のモチーフ。
これから私の雑貨やバッグに登場すると思います。
| 生地 | 19:59 | comments(0) | - | - | - |
久しぶりの日暮里

久しぶりに日暮里に生地の仕入れに行きました。
一年ぶりぐらいかも…。
バッグを作り始めてからついつい生地を買ってしまうので、
ここの所は出来るだけ生地を増やさないようにと気をつけていました。
でもシルクに銅版画を刷って、それでバッグや布雑貨を作るように
なってから、木綿や麻に刷ってた頃と使用したい生地が変わって来ました。
今までよりも少しゴージャスな感じにしたいな、と。
私は秋冬のざっくりした生地は色々と持っているのですが、春夏物用の
重くない生地があまりありません。
ここは少し、生地を見て来て春夏物のバッグのイメージを固めよう!

今回、私が惹かれた生地はジャガード織りっぽい生地。
ジャガードでもあまり重くない感じ。
特にお気に入りは、写真で上から3つめの濃い緑色のライン入りの生地。
問屋街の入り口近くのショップでこの生地と出会って、作りたいイメージが
固まって来ました。
その後は今までお世話になっていた生地屋さんをあちこち見たのですが、
やっぱりジャガードっぽい生地に目が行くのです。
日暮里に行くまではレース素材などもイメージしていたのですが、
レース生地は写真の一番下の生地のみ。
他にはジャガード系の生地に合わせるために、イタリア製の色の綺麗な
コットンや、麻の入ったざっくりした生地も買いました。
さて、どんなバッグが出来ますやら。

★ただいまイベント出品中!自由が丘の「南の窓」さんでの
『 ポーチ&ケースとminiワンマイルバッグ展』です。
期間は3月16日〜25日。
南の窓の作家さんのミニバッグやポーチが150点以上集まりました。
詳しくはこちらをご覧下さいね。


| 生地 | 20:35 | comments(2) | - | - | - |
ベーシックな生地
今制作しているのは、銅版画を生地に刷ったバッグです。
ハンプに刷ってからちょっと刺繍をして、今回はトートバッグとショルダーバッグに仕立てる予定です。
少しだけお見せしましょう。



さてこのバッグですが、最初はハンプのみを使ってシンプルに制作する予定でしたが、トートバッグはとにかくとして、ショルダーバッグは別布を組み合わせたくなりました。
手持ちの布を探したのですが、なかなかいいのがありません。
それで以前買わせていただいてすごくよかった生地のネットショップの「Lick Rack」さんの麻デニムを数色買わせていただきました。
ベージュや生なり、茶色のピンストライプやチェックなど。
この麻デニムは、色合いがすごく他の生地と合わせやすいし、ハンプやデニムほど目がつんでないので、縫いやすいのです。
この生地がどの版画と組み合わされるかは、お楽しみ♪

| 生地 | 21:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
アンティークコットンとフィードサック
またまた生地購入。
最近の*PUKU*のアップリケタイプのバッグには、部分的にアメリカンアンティークとかフィードサックを使っています。
雑貨を作るようになって約3年、雑貨ショップに行くと置いてあることがよくあるアンティークコットンやフィードサック、色とか柄とか、印刷の版ずれした感じとか、魅力的な生地だなあと思いつつ、自分の作品に生かすのがどうもうまくいきませんでした。
お値段もなかなかイイですしね。はさみを入れるのに度胸がないというか。
でも今年の冬に作ったバッグあたりから(「きのこの森バッグ」からですね)少しだけ取り入れてみるようにしたら、これがなかなかいい感じ。
何ともキュートな。派手すぎないし。
その後ネットとか雑貨ショップとかで、少しずつアンティークやフィードサックを増やしていって、アップリケタイプのバッグには少しずつ入れていくようにしています。

今回ネットの専門店の「Greens Treasures」から届いた生地をご紹介。



ものすごく種類が豊富なので、選ぶのに苦労します。
「好き」な柄と「使える」柄が違うのが難しい。
でもこういう昔の生地って見てるだけで楽しいです。
| 生地 | 20:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
| 1/2PAGES | >>