CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
COUNTER
RANKING
にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
ランキングに参加しています。
上のバナーをクリックして下さると
とっても励みになります♪

つなビィ
CATEGORIES
ARCHIVES
RECOMMEND
シュシュ作りましょ♪
シュシュ作りましょ♪ (JUGEMレビュー »)

ガーリーでお洒落で個性的なシュシュが簡単に作れるレシピ本です♪ 私も6点の変わり種シュシュを作って掲載していただきました。とっても綺麗な写真とデザインで構成されてます。
RECOMMEND
私を忘れないで
私を忘れないで (JUGEMレビュー »)
藤原 智美, 森 祐子
森祐子がイラストを担当した絵本です。芥川賞作家の藤原智美さんの初めての絵本。主人公の「家」が一組の家族を見つめて語ります。淋しくて、でも美しい絵本です。
RECOMMEND
暖炉の火のそばで―ターシャ・テューダー手作りの世界
暖炉の火のそばで―ターシャ・テューダー手作りの世界 (JUGEMレビュー »)
トーバ マーティン, Tovah Martin, Richard W. Brown, 食野 雅子, リチャード・W. ブラウン
絵本画家のターシャ・チューダーの生活が記されています。花を育て、家畜を飼い、あらゆるものを手作りして。なんとも贅沢な生活です。ターシャの絵やド−ルハウスなども紹介されています。本当のスローライフ。
RECOMMEND
手作り雑貨ができました。―売ってみることのススメ
手作り雑貨ができました。―売ってみることのススメ (JUGEMレビュー »)
HANIKAMI
手作り雑貨のアーティストさんのインタビューが中心。収入、経費、委託ショップや自分のサイトでの収入の割合など、知りたくても聞けないことなどを丁寧に取材してくれています。
RECOMMEND
カナリヤ手帖―ちいさな雑貨屋さんのつくり方
カナリヤ手帖―ちいさな雑貨屋さんのつくり方 (JUGEMレビュー »)
トノイケ ミキ
大阪の雑貨店のオーナーさんの手記。イラストがいっぱいです。ハウツー本としても十分使えます。作家さんへのアドバイスも嬉しい。
MOBILE
qrcode
*PUKU*ショップにがまぐちを3点追加します
 
*PUKU*オンラインショップをオープンさせてから20日経ちました

解らないことだらけで暗中模索状態でしたが、ようやく少しはショップらしくなって来た…かな?

明日、4月6日(金曜日)21時に、がまぐちを3点アップします。

アップする商品はこちらです



★がまぐちポーチ/skirt「星うさぎ」

ワンピースのようなギャザーの切り替えがポイントの、ちょっとレトロなぷらすのがまぐちポーチ・skirt(スカート)です。フェルトとボタンで出来たブローチがおまけに付きます。



★がまぐちポーチ/skirt「笹パンダ」

同じくskirtシリーズのポーチです。意外と?リクエストの多いパンダさんの銅版画。このシリーズにはふんわりとキルト芯をはさんでいます。



★がまぐちパーティーバッグ/shell「星の鳥」

*PUKU*では定番の形のパーティーバッグです。小振りでマチもほとんどないのですが、インパクトのある形が可愛いです。表面はヴィンテージコットンとインドシルクでストライプ状に生地をはぎました。


と、こんな感じです。よろしかったら見に来て下さいね♪


メールマガジンも設置してあります ご登録をしていただけましたら、*PUKU*オンラインショップや森祐子のイベントなどの最新情報をお伝えします♪

--------------------------------------------------------------


*PUKU*オンラインショップはこちらです。

--------------------------------------------------------------
※森が発起人となり、現在進行中の東日本大震災の
被災者生活支援プロジェクトの「まごころ*花」です。
ブログで最新情報をお知らせしています


まごころ*花
--------------------------------------------------------------

| インフォメーション | 19:28 | comments(0) | - | - | - |
3.11 from KANSAI チャリティー企画のアーティスト募集のお知らせ

2012.3.10(土)〜11(日)に大阪の梅田スカイビルで行われる震災復興応援イベント 3.11 from KANSAI 〜まだまだ、これから〜 の「アートが架け橋。GIFTで笑顔を届ける!」企画に参加していただけるアーティストさんを募集しています。

私も3月10〜11日と大阪に行って、このイベントで私の立ち上げた「まごころ*花 プロジェクト」のワークショップをしたり、販売のお手伝いをします。

参加していただける作家さんは下記の募集要項をお読み下さい!




------------------------------------------------------------

3.11fromKANSAI~まだまだ、これから~
「アートが懸け橋。GIFTで笑顔を届けよう!」
にご参加下さい!

あなたの作品を、お客様を通して被災者の方にプレゼントしませんか?


◆被災者の方との交流会

今回の東日本大震災では被災地からやむなく関西に避難してこられた方が大勢いらっしゃいます。
行政が把握しているだけでも、大阪府内で420世帯1082人にのぼります。
そんな、故郷を離れて大阪に暮らす避難者の方々に交流を持ってもらおうと、大阪市社会福祉協議会では2ヶ月に一度のペースで交流会を開催しています。その交流会ではいろんな提供物資をバザーで渡しています。


◆プレゼントの方法(下記の募集要項PDFもご参照下さい。)

震災復興イベント「3.11fromKANSAI~まだまだ、これから~」にて、皆様の作品を提供していただけないでしょうか? 提供して頂いた作品に、
(1) ご来場のお客様に、『お客様自身で使用する為に』1作品を購入して頂きます。(有料です。)
(2) 購入して頂いたお客様に、『交流会のバザー用として』1作品を選んで頂きます。(無料です。)
バザー用として選ばれた作品は後日、購入して頂いた「お客様からのGIFT」という形をとり、無料でバザーにならぶことになります。
(最終的に作品を選ぶのは、被災者の方です。)


◆3.11のイベント当日

イベント運営スタッフで販売しますが、アーティストの方もご参加頂いて結構です。


◆出品してくださるアーティストの方を募集しています!


〈出品の際のお願いとルール〉

1、お客様が笑顔になるようなアートグッズをご提供いただければ幸いです。
2、お一人のアーティストにつき、5点までとさせて頂きます。
3、作品にお名前やHPアドレスなどを添えて頂いて結構です。
  皆さんと被災者の方もつながるように。。。
4、販売価格は500円です。
5、売れなかったものは返品させて頂きます。
  不要の場合はその旨別紙にご記入下さい。被災者の方へのGIFTとさせて頂きます。
6、配送料の往復、自己負担でお願いします。
7、輸送の回数が多いので、壊れ易い作品は特に厳重に包装願います。
8、エントリーシートにご記入の上、作品と共にお送りください。3/8(木)必着


◆売上金の取扱いについてご理解ご協力お願い致します。

・売上金の利用内訳
 参加アーティスト様:200円/個(振込させて頂きます。)
 運営費:50円/個
※500円で2作品売ることになる為、実質価格1つ250円となります。
※この価格で構わないというご了承のもとご参加下さい。



募集要項はこちらになります(PDFファイル形式)。作品の送付先、担当者等をご確認下さい。
http://www.pu-ku.com/311fromkansai_youkou.pdf


こちらはエントリーシートです(PDFファイル形式)。ダウンロードしてお使い下さい。
http://www.pu-ku.com/311fromkansai_entry.pdf


こちらは仕組み図になります(PDFファイル形式)。
http://www.pu-ku.com/311fromkansai_sikumi.pdf



--------------------------------------------------------------
※森が発起人となり、現在進行中の東日本大震災の
被災者生活支援プロジェクトの「まごころ*花」です。
ブログで最新情報をお知らせしています


まごころ*花
--------------------------------------------------------------

| インフォメーション | 22:02 | comments(0) | - | - | - |
Facebookを使ってみてます
 
Facebook、みなさんは登録してますか?

私は趣味のフィギュアスケートとかサイクルロードレースの選手がアカウントを持っているので、彼らの情報を見たくて登録をしていたのですが、たまにログインするぐらいでした。

ここ一年ぐらい、アート関係のお友達がmixiとかTwitterなどと並んで、Facebookで交流をしているのを知って、私も混じりたいな〜 なんて思ってはいました。だけれどもどうにもFacebookって使いにくいというか、トップページも慣れ親しんだ日本のSNSのmixiなどとは全然違ってるし。なんとなく億劫でした。

だけどこのブログのアクセス解析を見ても、Facebookからのお客様は日によってかなりの数いらっしゃいます。こうなると侮れないというか、もう少し真面目にやった方が良いかもしれない、と思いました。

そんな時に工房で久しぶりに会ったお友達から「森さん、Facebookはやっぱりアクセス多いよ、面白い出会いもあるよ」ということを聞いて。うーん、自分でもそろそろやろうかと思っていた矢先でしたので、こうなったらもう少し理解出来るように頑張ってみるか!と決意しました。



そんな話を家に帰ってから夫にしましたら、夫からこんな本を渡されました。



夫もFacebookのアカウントは持っていましたが、ほとんどログインをしていないのに、何故にこんな本を…? アカウントを取った時にやってみようと思ったらしいのですが、本を読みもせずに挫折したらしいです



今この本『Facebookでビジネスを加速する方法』を読んでいますが、なるほど!と思うこともあれこれありました。

例えばFacebookは「個人プロフィールページ」と「Facebookページ」と「グループ」の3つから成り立っているということ。

「個人プロフィールページ」は基本ページ。「Facebookページ」はビジネスページとして活用をしたい。「グループ」は会員制のビジネスに向いているとか。

私は何日か使ってみて「個人プロフィール」はそれなりに使い方が解って来ました。『ウォール』というのは掲示板みたいなもの、ブログ的に使うなら『ノート』、ブログを紹介する時には『リンク』が便利、とか。

だけど「Facebookページ」というのは全くなんなのかが解っていませんでした。存在そのものをしっかりと認識をしていませんでした。

この本を読んで「Facebookページ」というものがあるのが解って、検索して「Facebookページ」の登録の仕方を知って。今日は私のブランドの*PUKU*のFacebookページを作ってみました。


こちらが*PUKU*のFacebookページです!

http://www.facebook.com/pages/PUKU/264182710260723

まだなんにも投稿していませんが、*PUKU*のショップ情報などはこちらで発信していこうと思っています。Facebookのアカウントをお持ちの方は「いいね!」していただけると嬉しいです♪



それからこちらは森祐子の個人プロフィールページです。

http://www.facebook.com/profile.php?id=100000551172929

お友達リクエスト、どんどんして下さいね〜〜!!


ランキングに参加しています。
一日一回のクリックをお願いします♪
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド作家へ

| インフォメーション | 22:52 | comments(0) | - | - | - |
ブクログに登録
 読書は好きなんですが、最近読む時間がなかなか取れなくて残念に思っていました。でもMacBookを購入してからネットでラジオを聴くようになり、テレビを見なくなったので昼休みに本を読むようになりました。仕事机の片隅で、読もうと思いつつそのままにしていた本の山が減って行くのが気持いいです
(今まではこの昼休み時間はサスペンスの再放送とか見てたのよね…。『はぐれ刑事純情派』とか『科捜研の女』とか『相棒』とか。見始めると結構はまってしまう)

それでwebの本棚サービスの「ブクログ」に登録しました。読書傾向が思い切り偏ってるのでちょっと恥ずかしい気もしますが…。このブログの左サイドにリンクしていますので、良かったら本の感想なども読んでみて下さい

続きを読む >>
| インフォメーション | 18:33 | comments(0) | - | - | - |
『シュシュ作りましょ♪』発売のお知らせ
ようやく出来上がりました!「シュシュ作りましょ♪」
という本です。 マガジンランド刊行で、933円プラス消費税。



こちらはお友達でもある企画の保田姉妹さんから
今年の2月頃にお仕事の依頼をしていただきました。
シュシュを何点か制作することと本の中のイラスを描くという
ご依頼でした。雑貨好きでとってもお洒落な姉妹であるお二人と
お仕事をさせていただくのはとっても楽しみだったのですが、
最初にお話を聞いたときには私の髪は短かったので
シュシュって使ったことないなあ、(そんな私に作れるのか?)
私らしく*PUKU*らしいシュシュなんて作れるかなあ…って
感想でした。私のイメージの中で、シュシュっていうと
ゴムを通したドーナツ型のもの以外はあんまり思い浮かばなくて
「雑貨に自分の絵を入れる」という雑貨制作における
私のこだわりとはかけはなれたものだったので…。

その後お二人とお会いして話を煮詰めていくうちに、
ぽわんぽわんと*PUKU*のシュシュのイメージは膨らみました。
そうか、こんなに自由に考えていいものなのね、シュシュって!!
という感じです。お二人の発想と私の世界が徐々に
合致してきた感じ。そうしてまずは試作です。こんな感じ、
あんな感じって頭に浮かんだイメージが形になっていく工程は
ひたすら楽しかったです。そうして出来上がった
3つのパターンの6点のシュシュはこんな感じになりました。

●まずご紹介するのはスナップ留めのシュシュ。



結ぶシュシュではなくて、開閉するシュシュを作ろう、
私の絵を刺繍で入れるんだから、描ける面積はある程度ないと。
作ってみると形は「お花」と「葉っぱ」が可愛い、
生地は麻でカジュアルに、お気に入りのヴィンテージコットンも
なんとか使えないかしらって感じで。それから刺繍は
絶対動物が良い。鹿の角は樹になってると可愛いなー、
うさぎははずせないでしょう♪こんな風に出来上がった
シュシュを見て、こんなラブリーなシュシュだもの、
少し装飾もしよう!ってことでパールのビーズも
縫い付けました。



後ろ姿はこんな感じです。ギンガムチェックが可愛いでしょう?
少し張りを持たせたかったので、麻の生地には薄手の接着芯を
貼りました。ボリュームを出したいのでキルト芯もはさみました。

●こちらは大きさの異なる円を繋ぎ合わせたマシュマロのような
シュシュ。リボンで結びます。



こだわりは柔らかさ。使った生地は、白い方は織り柄の入った
薄手のシルク、ピンクの方はフェイクスウェードです。
ひとつひとつの円を手縫いしてます。キルト芯をはさみ
さらに手芸綿も入れてひたすら柔らかく作ってます。
ひとつの円にだけお花の刺繍を入れて、ビーズで一周を
ぐるりと囲みました。着用すると長い髪に絡む
ベロアやレースのおリボンが優雅な印象です。




裏側にはフェルトを使いました。ちょっと見た感じ、
パンのクロワッサンみたいではないですか?
このシュシュは全部手縫いで作っています。

●こちらは革のリボンにトーションレースを使った
シュシュです。




私は以前から薄手の革をミシン縫いしてバッグや小物を
作りたいなと思っていました。それで2月頃に
このブログにも書きましたが、革のがまくちやポーチを
作って載せていました。それを保田姉妹さんが見てくれて、
「森さん、革のおリボンのシュシュを作って下さい!」
ってご注文をいただいたのでした。
「キティーちゃんのおリボンみたいな
まるっこくて大きいシュシュが良いです」とのこと。
ふむふむ、革のおリボンか。作ってみよう!



私のこだわりは、後ろ側なのです。結んだ時に
ちょろりと見える裏の生地が華やかだと、
気持も明るくなりますよね♪

●「シュシュ作りましょ♪」
マガジンランドのウェブショップ

アマゾン


「シュシュ作りましょ♪ウェブショップ」

「シュシュ作りましょ♪」*PUKU*からのお知らせ
※こちらにはモデルの着用イメージもアップしています。
| インフォメーション | 20:52 | comments(0) | - | - | - |
| 1/7PAGES | >>